So-net無料ブログ作成

カルメン第四幕 [MOVIE]

第四幕(ACTE4)
あらすじ
場所はセビリアの街に戻り、闘牛士たちが入場する。
エスカミーリョと登場し一人その場に残ったカルメンの前に、ホセが姿を現し復縁を迫る。
カルメンは聞く耳を持たず、もらった指輪を投げつける。
激高したホセは、闘牛場からの歓声が響く中、カルメンを刺し殺す。

第四幕では、闘牛士たちの入場シーンがあるが、闘牛士には種類があるらしい。

 トレアドール(toreador)……馬に乗った闘牛士。
 ピカドール(picador)……馬に乗り、槍で牛を刺して弱らせたり怒らせる役の闘牛士。
 バンデリリェロ(banderillero)……飾りのついた銛を牛に打ち込む役。
 マタドール(matador)……牛に止めを刺す主役の闘牛士。

エスカミーリョはマタドールだから、闘牛士の花形だということが分かる。


一方カルメンの前に姿を現したホセは、「盗賊でもなんでもお前の望むものに」と懇願したり、

過去は忘れて、遠くで新しい人生を始めようと言い出したり、若干現実逃避気味な傾向もある。

そしてこれずっと気になってたんだけど、このホセは大事な場面で視線さまよいすぎである。

どこを見てるのか分からない。カンペあんの?


あらすじを中途半端に知ってた時は、カルメンがホセのために身を引いて、

心変わりと誤解されて殺されるとかなのかと思ってたんだけど、

この場面を見て、全然違うことが分かった。

carmen-04.png

カルメン本当に嫌そうである。


カーテンコールでは、ミカエラ役の人が、すごく深くお辞儀をしていて好感を持った。

ミカエラの人はほんといいな!

闘牛場からの歓声が響く中でカルメンが殺されるシーンなど、音楽の効果を実感できたし、

オペラ初めて見たけど、普通に面白かったから、他のも見たいと思っている。


ビゼー:歌劇≪カルメン≫ウィーン国立歌劇場1978年 [DVD]

ビゼー:歌劇≪カルメン≫ウィーン国立歌劇場1978年 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 日本コロムビア
  • メディア: DVD



タグ:Carmen CP
トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。